2016年12月15日

パラドゲーで追うマリ・ワカワールド 第1回 ウィリアム・ギルバート その1

前回の序文にも書いたけど、マリワカが旅した時代がどんな時代だったのかをほんのわずかの知識とパラドゲーで追いかけていこうというのが今回の趣旨である。では早速ウィリアム・ギルバートの時代を追いかけてみたい。

1588年、イングランド海軍がスペインの”無敵艦隊”を打ち破る。これを機にスペインの権威は揺らぎ、エリザベス1世統治下の元イングランドの存在感が増していく時代である。そんな1600年をEU3で見ていこう。(バージョンは日本語版ディバイン・ウィンド5.1)
EU3_MAP_ENG_1600.1.1_1.png
赤い部分がイングランドの領土。スコットランドがまだ独立国として存在しているので、ブリテン島を完全に統一できていないのがわかるだろう。海外の植民地も存在していないので大英帝国ってところまではたどり着いていない。
1600年 イングランド.png
イングランドの情勢はこんな感じだ。いまだにスペインとの戦争は継続中。”エリザベート1世”という表記はどうかと思うんだけど、これはもう今更だしなぁ。(フランス国王のヘンリー4世よりはましか)青い十字架は国家の宗教がプロテスタントであることを表している。(EUのシステム上ではイギリス国教会はプロテスタント扱いとなっているのだろう)
1600年 イングランド 宮廷顧問.png
同時代のイングランドの有名人と言えばこういう事になるのかな。一応EU4もチェックしたけど、選択できる宮廷顧問の中にウィリアム・ギルバートという名前は確認できなかった。

次回は「ウィリアム・ギルバート その2」としてジョルダーノ・ブルーノの話を起点に、この時代を取り巻いていた情勢を少し掘り下げてみたい。
posted by uzi at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マリ・ワカワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック