2011年08月15日

ヴィクトリア2AAR連載第1回「いやな流れ」

ずいぶん間が空きましたがAAR連載第1回です。まずは今回のテーマに沿った年表を。
1838年10月 フランスが我が国を勢力圏に取り込む
1839年8月 フランスと軍事同盟を締結
1841年8月 両シチリア王国に宣戦布告
1842年9月 両シチリア王国がフランスと和平
1846年5月 大国になる
1848年11月 エジプトに宣戦布告
1849年8月 フランスが同盟を破棄
1849年12月 大国から陥落
1850年2月 エジプトからの和平の申し出を受諾
1851年2月 再び大国に
1856年5月 また大国から陥落する
1864年6月 両シチリア王国に対し、「ステートを獲得」の大義名分を得る
1864年7月 両シチリア王国に宣戦布告
1866年1月 両シチリア王国と和平
1866年5月 フランスと軍事同盟を締結


フランスの勢力圏に入ったのを見計らって両シチリア王国に宣戦布告をしたところまでは良かったが、1846年5月に中途半端に大国になってしまった。想像通りフランスからの同盟も切られ、さりとてオーストリアと正面きって戦うほどの戦力もない。起こした3つの戦争で順調にステートを獲得しているので、イタリア統一イベントが起これば間違いなく我が国が対象になるだろう。だがここまでイベントが起こる様子もない。こりゃどうもいやな流れだなあ。

あとAAR記載方式にしてもぜんぜん納得のいく出来ではないので、この辺もどうしてやろうかと思案のしどころ。
posted by uzi at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィクトリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック