2010年05月25日

EU3AAR連載第4幕第4回「宗教改革を乗り越えろ!」

この100年、戦争したり皇帝になったりいろいろな事があった。

そんな中、わが国を襲った出来事がある。それが宗教改革だ。今回はそんな宗教改革と一つ取り上げ忘れた事があったのでそれを追いかけていきたい。

1506年12月 ミュンスター 改革派
1507年6月 トリアー プロテスタント
1509年3月 コブレンツ 改革派
1510年1月 ナッソー 改革派
1510年4月 ミュンスター 改革派
1517年6月 ナッソー 改革派
1518年5月 テューリンゲン 改革派

各所で宗教改革の影響が始まっている。それに対して我が国は宣教師を各所に送り込んで対応する。

1521年5月 コブレンツが改宗

1521年12月 コブレンツ プロテスタント
1527年5月 ミュンスター 改革派

改宗した先からこれだよ・・・

1528年4月 トリアーが改宗
1532年8月 コブレンツが改宗

それでもあきらめずに改宗を続ける。

1533年6月 神の福音を「国策」に採用
そんなことをしているうちに宣教師の数が足りなくなってきたので国策に「神の福音」を選んで対応する。

1534年3月 ナッソーが改宗
1535年9月 ミュンスターが改宗
1538年2月 ミュンスターが改宗


1538年12月 宗教的内戦において「寛容な社会を築くために努力しよう」を選択

1543年6月 ヴォルムスが改宗
1550年2月 テューリンゲンが改宗


1550年6月 宗教的混乱が収束
かくて宗教的内戦の効果は消え、我が国は宗教改革の嵐を乗り切ったのだ!

1571年5月 トリアー プロテスタント
と、思ったら思い出したかのようにトリアーの宗教が変わる。

1575年7月 ヘッセンに交易中心地を設置
前回書き損ねたのがこれ。これで国内流通を我が国が握ることができる。

1594年12月 トリアーが改宗
20年以上かかったけど、大きな混乱も無くトリアーの改宗も終了。



次回からは通常通り進めていく。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック